fc2ブログ

小旅行

結構ハードだった御前山(大ブナ尾根ピストン)(2023年1月9日)

お正月明けのある晴れやかな日に、前々から気になっていた御前山に行ってきました。
既に大岳山三頭山は何回か登っていますので、これで奥多摩三山踏破になります。

御前山へのルートはいくつかある様ですが、やっぱり登山口近くまで車で行けるとアクセスが楽なので、奥多摩湖の駐車場に車を停めて大ブナ尾根ルートで向かいます。

まずは、入口の守衛さん?に軽く挨拶をして、奥多摩湖 余水吐水門の上を渡ります。
続いて小河内ダムの堤体を渡っていくとちょっとした公園があり、そこで身支度をしてからその奥の登山口へ進みます。

登山口からの道は整備されています。
そこをジグザグに登って行くと展望広場とか頂上広場という見晴らしの良さそうなありそうでしたが、今日は先を急ぐのでシラッとパスし、御前山方面に進んでいきます。
が、いきなりビックリするような急登が現れ、ちょっと面食らいます。
その後も岩や木の根っこだらけの道をひぃひぃふぅふぅ言いながら登って行くと、最初の目標ポイントである「サス沢山」(指沢?佐須澤?)に到着します。
そのそばに設置されている展望台から、奥多摩湖とそれを包み込む山々が本当にきれいに見渡せます。
正に絶景です。
(20230109) 御前山(2) 

ここまで登ってくるのも結構ハードで心が折れそうだったのですが、自分を鼓舞しながら先に進みます。

その後も経験したことの無い様な急登と、時折現れるご褒美の様な平坦で開放的な道を進んでいくと、2つ目のポイントである「惣岳山」に到着します。
(20230109) 御前山(3) 

ここもベンチの置かれた広場になっており、休憩するにはピッタリの場所ですが、如何せん、結構な時間になってしまっていたので(ちゃんと明るい内に下山できる自信が無かったので)、先を急ぎます。

暫く進んで行くと、突然目の前に富士山の姿が現れます。
(20230109) 御前山(4) 

いやぁ、相変わらず美しいなぁ。

そこからは御前山山頂はすぐそばです。
山頂は大きな広場になっており、ベンチも沢山設置されています。
そして何より、北側の眺望が抜群です。
(20230109) 御前山(5) 

今回の御前山初登山、そもそも事前の情報収集不足でナメてかかっていたのですが、大反省です。
登り始めてすぐに何の前触れもなくいきなり出現の急登や、木の根っこやゴロゴロとした石に気を付けながらの道中、更には落ち葉に隠れてルートも分かりづらく、結構緊張した登山になり、途中何度も「勇気ある撤退」という言葉が頭の中をよぎりました。

しかし、中々登り応えのあるルートで達成感があったことと、要所々々でのご褒美の様な素晴らしい眺望で、一発で御前山が好きになってしまいました。

<奥多摩湖のスタートから御前山山頂まで、各ポイントの到着時刻を含めて動画にまとめてみました。>
(各ポイントでの素晴らしい眺望と、大ブナ尾根ルートでの登山の雰囲気がサクッと掴めると思いますので、是非ご覧ください。)

<↑クリックで再生します。>

御前山、本当にいい山だなぁ。
次回はカタクリの季節に来てみたいなぁ。

(20230109) 御前山(6) 

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

tag : 御前山奥多摩三山

小旅行

期せずしてカワセミと白鷺に出会う(2023年4月23日)

八王子界隈の川沿いをポタリングしていたら、何か白いものが視界に入りました。

『ん? 何かな?』と、自転車を停めて見てみると、白鷺が優雅に佇んでいます。

(20230423) 白鷺

白鷺は、近所の川でも時折見かけますが、シュッとしていて、真っ白で、とても美しいです。
エサの小魚が沢山いるのでしょうか。
その細い脚をスムーズに動かし、辺りを歩いています。


<↑クリックで再生します。>

無事、餌の小魚も捕まえられた様です。
少し大柄でしたし、目の周りも嘴の先も黄色いので、おそらくダイサギだと思います。

暫く見ていると、何やら青っぽいものが視界を横切りました。
よく見てみるとカワセミです。

(20230423) カワセミ

初めてその姿を見た時にも思ったけれど、本当に綺麗な鳥だなぁ。


<↑クリックで再生します。>

暫くその美しい姿を見せてくれていたのですが、こちらは適当な餌が見つけられなかった様で、「うーん。ダメじゃん。」といった感じで飛び去ってしまいました。

うららかな春の日。
期せずしていいものに出会えたなぁ。

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 野鳥
ジャンル : ペット

tag : 白鷺カワセミ

小旅行

中野サンプラザ(2023年1月21日)

花は咲くさんでお腹を満たした後、中野駅へ。

色々な想い出のある中野サンプラザは、2023年(令和5年)7月2日をもって閉館し、2024年度から解体工事、2028年度に新しいシンボル拠点として生まれ変わるとのことです。

今でも美しいその雄姿をパチリ。

(20230121) 中野サンプラザ

1973年(昭和48年)の開業とのことなので(50年も経っているので)、仕方ないことだけれども、物凄く存在感のある建築物だったので、やっぱりちょっと寂しい気もするなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

小旅行

結構ハッキリ見えた皆既月食(2022年11月8日)

比較的良い条件で皆既月食が見られるということで、写真に撮ってみることにしました。
とはいっても、天体観測用の凄い望遠鏡とかカメラではなく、安々のコンパクトデジカメを使ってざっくり10分位間隔で撮影しただけです。

それでも、18時ちょっと過ぎ(正確には18:09)の食の始まりから、20時頃(正確には19:59)の食の最大、22時ちょっと前(正確には21:49)の食の終わりまでそれなりに撮れていたので、パラパラ漫画的につなげて動画を作ってみました。


<↑クリックで再生します。>

世間では、1580年以来442年ぶりの天王星食との話題で盛り上がっていましたが、門外漢の私には天王星がどれなのか(見えているのか否かさえ)わかりませんでした。(^ ^;)

次回の皆既月食は、2025年9月8日の夜中(2:30~3:53)とのことなので、それまでにはもうちょっとマシな撮影機材(カメラとかレンズとか)が欲しいなぁ。
(ちなみに、日食が次に日本で観られるのは2030年とのことです。)

※ 今回、国立天文台のHPを参考にさせていただきましたが、様々な工夫が施されていて素敵なページでした。お勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

tag : 月食

小旅行

丹沢 大山(2022年10月1日)

天気も良いので、かねてから行ってみたいと思っていた大山に出かけることにしました。

本当は登山口まで車で行きたいところなのですが、駐車場のキャパの点から相当早目に到着しないと停められそうも無さそうだったので、素直に公共の交通機関で向かうことにしました。

で、調べてみると、小田急の「丹沢・大山フリーパス」なるものがなかなかお得な感じだったので、小田急線への乗り換えの駅でこの切符を購入しました。

伊勢原駅からバスに乗り大山ケーブル駅まで。
このバスが満員電車の様な混み方で、これに30分位揺られていくことになったので結構きつかったです。

まずは現地の案内図で本日の行程を確認します。
(20221001) 大山(1)

そして、いつものようにケーブルカーでサクッと標高を稼ぎます。
(20221001) 大山(2)

このケーブルカー、珍しいことに中間駅(大山寺)があり、途中で一旦停車します。
それでもあっという間に終点の阿夫利神社駅に到着。
そこから階段をちょっと上ると、大山阿夫利神社 下社です。
(20221001) 大山(3)

境内の獅子山などを見て、
(20221001) 大山(4)

御朱印をいただいたりお守りを買ったした後、御神水を水筒に分けていただいた後、いきなりの急な階段から登山開始です。

途中、夫婦杉とか、
(20221001) 大山(5)

天狗の鼻突き岩とかを見ながらのんびり登って行くと、
(20221001) 大山(6)

2時間位で、大山阿夫利神社 本社です。
こちらからは、相模湾方面の展望が広がります。
(20221001) 大山(7)

そのちょっと上が大山山頂です。
流石に結構混んでいて、写真を撮るのにも結構な時間順番待ちをする必要がありました。
(20221001) 大山(8)

頂上付近にはテーブルやベンチが設置されており、お弁当を食べるには不自由しません。
下社でいただいた御神水を沸かしたありがたいお湯で、カップ麺をいただきました。

同じルートを引き返すのも芸が無いので、下りは見晴台経由で帰ることにし、ちょっと下ると今度は東側への視界が開けている場所がありました。
ここからの眺めは中々見事なものでした。
(20221001) 大山(9)

途中二重滝などを見ながらのんびり下ると、
(20221001) 大山(10)

阿夫利神社駅までは、やっぱり2時間位かかってしまいました。
# 相変わらず遅いなぁ。


<↑クリックで再生します。>

頂上付近からの眺望も素晴らしく、それなりに変化のあるコースもよく整備されており、秋晴れの一日を充分満喫することができました。
大山ハイキング、なかなかいいなぁ。

(20221001) 大山(ルート)

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

tag : 丹沢大山

プロフィール

そーめぐ

Author:そーめぐ
そーめぐのブログへようこそ!

ごあいさつ
ようこそいらっしゃいました。 食べ歩きや自転車、登山/ハイキングについて徒然なるままに書き散らかしています。
検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー(月別)
03 ≪ 2024/04 ≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
フリーエリア
<にほんブログ村に参加しています。> PVアクセスランキング にほんブログ村