fc2ブログ

自転車

TOKYO 2020 男子ロードレース 沿道観戦(2021年7月24日)

ある日、新聞の折り込みだったか、郵便ポストに入っていたかの交通規制のチラシで、第32回オリンピック競技大会(TOKYO 2020)の自転車ロードレースのコースが近くを通ることを知り、折角なので沿道観戦をしてみることにしました。

(20210724) 東京2020男子ロードレース(コース)

『府中の大國魂神社や、けやき並木通り、或いは是政橋付近で観るのが、雰囲気的には良いんだろうなぁ。』とは思ったものの、やはりそのエリアでの観戦は混むことが容易に予想され、流石に時節柄”密”は避けるべきだと考えたことと、どうせならパレードランではなく「ガチの走り」を観たいと思ったので、前述のチラシとGoogleマップを睨みながら、
  (1)公共の交通機関では少しアクセスが不便そうな場所
  (2)コーナー等、少しでも減速するであろう場所
をキーワードにiいくつか候補地をピックアップし、結果、多摩市のとある交差点で観戦することにしました。

で、現地に自転車で向かったのですが、多摩ニュータウン通りに出るや否や、大勢の警察官と自衛隊員が交通整理を実施しており、予想を遥かに上回る人出で、『えっ! こんなにロードレース好きな人いたんだっけ?』とちょっとびっくりしました。

スタート時刻と観戦場所までの距離から選手達のおおよその到来時刻を予想し、且つ場所取り的な観点からそれより少し前に現地入りしたのですが、私が到着した頃には既に結構な人だかりできており、目的地の1km位前の地点から警察官から自転車は降りて押して歩くような指示が出る有様でした。

ようやく現着し、何とか観戦場所も確保できヤレヤレと思った40分後位にヘリコプターの音がし、間もなく先導のTOYOTAのオフィシャルカーやオートバイ(何れもかなりの台数でした)の通過の後、逃げ集団、続いてメイン集団がやってきました。

当然と言えば当然ですが、物凄いスピードなので各選手は一瞬で目の前を通り過ぎてしまい、どこに誰がいたかは俄かにはよくわかりませんでしたが、それでも、世界レベルの方々の「凄さ」は、充分にわかる素晴らしい走りでした。

後でビデオを見返して、
新城選手や、
(20210724) 東京2020男子ロードレース(新城選手)

増田選手を
(20210724) 東京2020男子ロードレース(増田選手)

ようやく認識できるような状態でした。。。

府中から富士スピードウェイまで、炎天下このスピードで6時間以上も走り続けるなんて、とても人間業とは思えません。
凄いなぁ。
やっぱり、オリンピックに出場できるような人は、生まれ持った才能もさることながら、ちょっとやそっとの努力ではないんだろうなぁ。


<↑クリックで再生します。>

世界レベルの人たちは何と言うか"超人"なのだなぁ。ということが本当に良くわかり、貴重な経験をさせてもらいました。

一方、オリンピック運営はもの凄く多くの方々のサポートで成り立っていることを目の当たりにし、同時に、もの凄い額の費用がかかっていることも容易に想像され、コロナ禍が収まらない中において、かなり”無理やり感”のある今年の強行開催については、少しモヤっとした気持ちになってしまったのも正直なところです。

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

tag : オリンピックTOKYO2020

自転車

宮ヶ瀬湖(鳥居原園地)(2021年4月30日)

たまやさんの中華そばを堪能した後、天気も良いので久しぶりに宮ヶ瀬湖まで自転車で行ってみることにしました。

宮ヶ瀬湖までは丁度良い距離なので、数年前の初訪問以降、お気に入りのコースになっており、今日は鳥居原園地をゴールに設定しました。

本当にいい天気で、考えることは皆同じです。
駐車場は沢山のオートバイやオープンカーでほぼ満車の様でした。

展望台からの景色は、正に”絵に描いた様な美しさ”です。

(20210430)宮ヶ瀬湖(2)


<↑クリックで再生します。>

青い空、碧い湖、そして新緑の緑。
本当に素晴らしい景色で、何とも清々しい春の一日でした。

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

tag : 宮ヶ瀬湖自転車

自転車

「BURNING MAN RACE 2020」(2020年8月30日)

私にとって夏の一大イベントである「あついぞ! 熊谷 BURNING MAN RACE(バーニングマンレース)」。

2017年はカテゴリ構成変更で参戦できず、2018年/2019年はラグビーワールドカップ開催の関係で開催されず、ここ数年非常に残念な想いでいました。

そして、2020年のコロナ禍です。
当初、『ゴールデンウィーク明け位には一定の収束を見るのでは?』と楽観視していたのですが、一向に状況は変わらず、終わりの見えない閉塞感の中、日本中の「元気」が無くなってしまっている様に感じていました。
世の中の各種行事は軒並み自粛で、勿論、自転車を含めたスポーツ関係のイベントも次々と中止になっていきました。

そのような中、主催者側の英断により今回の開催となったことは、正直嬉しかったですし、万一状況が更に悪化して中止になった場合にエントリー費が戻ってこないとしても、それはそれで受け入れようと思い、参戦を決意しました。

(20200830)バーニングマン2020公式
<↑この画像はオフィシャルHPのものを使用しています。>

主催者側もどうしたら感染リスクを下げられるか、きっと色々と検討されたのでしょう。
開催要項は郵送ではなく各自WebからDLする運用等、今回は過去開催とは随分勝手が違い、少し戸惑いました。

当日の会場の雰囲気も、どちらかといえばお祭り的な例年のそれとは異なり、粛々と且つ一定の緊張感を伴った運営がされている印象を受けました。

一番びっくりしたのは、今回ピットインルールが設定されていなかったことです。
例年、熱中症対策の為、3hは3回、2hは2回のピットインが義務付けられていたので、当然今回もそうだろうと信じて疑わなかったのですが、ピットレーンはあるもののボトルの交換等をするスペースが確保されておらず、『いったいどうしたらよいのだろう?』と途方に暮れてしまいましたが、今回はこのルールはそもそも無かった様です。
ピットで「密」になることを避ける意図があったのだと思いますが、私の意識には2回のピットインが刷り込まれてしまっており、少し考えた末、当初予定通り2回のピットインをし、冷たいボトルへの交換を実施する作戦にしました。

当日は結構気温も高く、まさにバーニングマンレースにぴったりの気候でした。
『よし、よし、こうでなくっちゃ。』と暑さにはめっぽう強いものの、本来の脚力勝負では勝ち目のない私はほくそ笑みます。

が、今回、参戦するにあたり、家族からはきつく以下の事項の遵守を指示されていました。
 (1) 練習もろくすっぽしておらず、且つ久しぶりのレースなのだから、決して無理をしないこと
 (2) 集団やトレーンには乗らないこと
 (3) 間違っても、熱中症等になって病院等のお世話になるようなことは絶対に無いようにすること

・・・・・・。
確かに在宅勤務でウェイトは増えているし、試合勘も忘れているだろうから、無理は禁物です。
屋外とはいえ、集団は密な感がしますし、トレーンは先行者の吐く息をダイレクトに吸ってしまう様な感じもしますので、良くない気がします。
が、そもそも私の実力では先頭集団に残れることは無いですし、トレーンからもすぐチギれてしまうので、(2)は基本的に気にするまでもありません。
また、救急隊員も含め医療関係者は極めて多忙でしょうから、炎天下に熊谷で自転車レースを好き好んでやっている状況下で、それらの方々に迷惑をかける様なことは避けなければならないのは間違いないことでしょう。

でも、このようなぬるい意識ではレースでいい結果が出せる筈もありません。
個人的にはそれなりに頑張ったつもりでしたが、リザルトはかなり不本意なものとなりました。

今回はいつもと選手層が違うような気もしました(いつもより、ガチの人が多いように感じました)し、結構暑くて走行中に気分が悪くなりそうになり急いで頭にボトルの水をかぶったりもした状況だったのですが、レース中に脚が攣りそうになることもなく、やっぱり気合いと追い込みが足りなかったことは否めません。

(20200830)バーニングマンレース2020

終わってみれば、過去に経験したことが無いくらい不完全燃焼な(やり切った感の薄い)レースとなりました。
でも、落車もしなかったし、熱中症にもならなかったから良しとするか。

(過去の参戦記はこちら: 2016年2015年2014年

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

tag : バーニングマンレースBURNING_MAN_RACE

自転車

飛行機も心なしか寂しそう(2020年8月1日)

ニュータンタンメンでお腹も満たされたので、多摩川CRに戻ります。

右岸と左岸を行ったり来たりしながら気持ちよく走っていたら、あっという間に河口の弁天橋まで。
思いのほか早く到着してしまい、そのまま引き返すの何なので天空橋方向に行ってみることにしました。

しばらく進むと駐機場なのでしょうか、飛行機の姿が目に入り、すかさずパチリ。
JALとANAが両方画角に収まり、いい感じです。
(20200801)ボーイング767-300①

一番近くの機体をズームしてみると、機体番号から767-300であることがわかります。
ブルーの空をバックに白い機体と赤い鶴丸マーク、美しいなぁ。
(20200801)ボーイング767-300②

真正面に回り込んで、再びパチリ。
やはり、コロナ禍の影響で随分と便数が減っているのでしょう。
後方には結構な数の機体が映り込んでいます。
飛行機も心なしか寂しそうな表情な気がしました。
(20200801)ボーイング767-300③

早く元の正常な世の中に戻らないかなぁ。。。

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川サイクリングロード多摩川CR羽田空港

自転車

都民の森(2020年7月19日)

暑熱馴化(しょねつじゅんか)トレーニングの一環として、久しぶりに都民の森ライドに行くことにしました。

近頃は、トレーニングとは名ばかりで、ストイックさに欠けるサイクリング的なライドなので、いつも気になっている途中の滝(「夢の滝」という名称であることを今回初めて知りました)にも立ち寄ったりします。
ここのところ雨が多かった為か、今日はいつもより水量が多いような気がします。
(20200719)夢の滝

滝を見ながら充分休息をとり、流石に都民の森までは足付き無しで頑張ります。
都民の森で少し休憩した後、お約束の風張峠まで。
残念ながら木が生い茂っていて、全然向こう側の山並みが見えません。
(20200719)風張峠

眺望も無いので、そそくさと戻ることにします。
途中の浅間尾根駐車場は少し見晴らしが良さそうなだったので、一時停車。
一応、パノラマ的に撮ってみます。
(20200719)浅間尾根駐車場

こうやって地図で見ると、夢の滝~都民の森と、都民の森~風張峠までは同じ様な距離に見えるけど、実際は比較にならない程前者の方がキツいです。
平面地図では標高差は読み取れないということが、今更ながら実感できます。
(20200719)都民の森コース

檜原街道から奥多摩周遊道路へのコース、オートバイとかオープンカーとかが結構攻めた走りをしているので、ちょっと怖い思いをすることもありますが、路面はきれいでとても走りやすいので結構好きです。

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

tag : 都民の森風張峠

プロフィール

そーめぐ

Author:そーめぐ
そーめぐのブログへようこそ!

ごあいさつ
ようこそいらっしゃいました。 食べ歩きや自転車、登山/ハイキングについて徒然なるままに書き散らかしています。
検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー(月別)
03 ≪ 2024/04 ≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
フリーエリア
<にほんブログ村に参加しています。> PVアクセスランキング にほんブログ村