fc2ブログ

小旅行

結構ハードだった御前山(大ブナ尾根ピストン)(2023年1月9日)

お正月明けのある晴れやかな日に、前々から気になっていた御前山に行ってきました。
既に大岳山三頭山は何回か登っていますので、これで奥多摩三山踏破になります。

御前山へのルートはいくつかある様ですが、やっぱり登山口近くまで車で行けるとアクセスが楽なので、奥多摩湖の駐車場に車を停めて大ブナ尾根ルートで向かいます。

まずは、入口の守衛さん?に軽く挨拶をして、奥多摩湖 余水吐水門の上を渡ります。
続いて小河内ダムの堤体を渡っていくとちょっとした公園があり、そこで身支度をしてからその奥の登山口へ進みます。

登山口からの道は整備されています。
そこをジグザグに登って行くと展望広場とか頂上広場という見晴らしの良さそうなありそうでしたが、今日は先を急ぐのでシラッとパスし、御前山方面に進んでいきます。
が、いきなりビックリするような急登が現れ、ちょっと面食らいます。
その後も岩や木の根っこだらけの道をひぃひぃふぅふぅ言いながら登って行くと、最初の目標ポイントである「サス沢山」(指沢?佐須澤?)に到着します。
そのそばに設置されている展望台から、奥多摩湖とそれを包み込む山々が本当にきれいに見渡せます。
正に絶景です。
(20230109) 御前山(2) 

ここまで登ってくるのも結構ハードで心が折れそうだったのですが、自分を鼓舞しながら先に進みます。

その後も経験したことの無い様な急登と、時折現れるご褒美の様な平坦で開放的な道を進んでいくと、2つ目のポイントである「惣岳山」に到着します。
(20230109) 御前山(3) 

ここもベンチの置かれた広場になっており、休憩するにはピッタリの場所ですが、如何せん、結構な時間になってしまっていたので(ちゃんと明るい内に下山できる自信が無かったので)、先を急ぎます。

暫く進んで行くと、突然目の前に富士山の姿が現れます。
(20230109) 御前山(4) 

いやぁ、相変わらず美しいなぁ。

そこからは御前山山頂はすぐそばです。
山頂は大きな広場になっており、ベンチも沢山設置されています。
そして何より、北側の眺望が抜群です。
(20230109) 御前山(5) 

今回の御前山初登山、そもそも事前の情報収集不足でナメてかかっていたのですが、大反省です。
登り始めてすぐに何の前触れもなくいきなり出現の急登や、木の根っこやゴロゴロとした石に気を付けながらの道中、更には落ち葉に隠れてルートも分かりづらく、結構緊張した登山になり、途中何度も「勇気ある撤退」という言葉が頭の中をよぎりました。

しかし、中々登り応えのあるルートで達成感があったことと、要所々々でのご褒美の様な素晴らしい眺望で、一発で御前山が好きになってしまいました。

<奥多摩湖のスタートから御前山山頂まで、各ポイントの到着時刻を含めて動画にまとめてみました。>
(各ポイントでの素晴らしい眺望と、大ブナ尾根ルートでの登山の雰囲気がサクッと掴めると思いますので、是非ご覧ください。)

<↑クリックで再生します。>

御前山、本当にいい山だなぁ。
次回はカタクリの季節に来てみたいなぁ。

(20230109) 御前山(6) 

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

tag : 御前山奥多摩三山

食べ歩きその他

サイボクハム(2023年2月11日)

特に予定もないお休みの土曜日。
『近場でどこか気分転換になるところは無いかな?』と考え、かなり昔に訪れたことのあるサイボクハムに久しぶりに行ってみることにしました。

大して混んではいないだろうとの予想は外れ、現地に着いてみると、駐車場待ちが発生する位の盛況さでした。

ようやく駐車場に車を停め、既にお昼時になってしまっていたので、『まずは美味しい豚肉でも食べよう!』とレストラン サイボクへ直行です。

レストランは予想通りの混雑で、かなりの待ち時間がかかりそうです。
受付で整理券的なものを貰うのですが、この際に焼肉か洋食かを選ぶシステムの様です。
店内を覗き込んでみると、向かって右側が洋食エリア、左側が焼肉エリアになっています。

洋食エリアは結構スペースを贅沢に使っている感じで、且つ全体に明るく、とても良い雰囲気に感じられましたが、やはりこちらの方が面積が小さいので待ち時間は長そうです。
一方、焼肉エリア(正確には焼肉大ホール)は、とても広く、天井も高く、昔北海道で入ったジンギスカンホールの様な活気のある雰囲気で、キャパはこちらの方が大きいので必然的に待ち時間も短い感じです。

ということで、焼肉エリアにすることにしました。
それでも40分位の待ち時間だったので、園内をぷらぷらして時間をつぶしました。

で、ようやく入店。
中央に鉄板が設置された、しっかりとしたテーブルに案内されます。

早速メニューをグッと睨み、
(20230211) レストラン サイボク(1)

GPロースセット(¥1,980)、厚切りベーコン(¥700)、ライス(¥250)、それと地元野菜の10品目サラダ(¥680)をお願いします。
("GP"って何?と思ったら、ゴールデンポークのことの様です。)

暫くして着皿です。
(20230211) レストラン サイボク(2)

手前から、彩り野菜盛合わせ、ロースト肩ロース、厚切りベーコンです。

早速焼いて食べてみます。

うん、確かに美味しい豚肉です。
特に肩ロースは絶品でした。
厚切りベーコンは、まぁ、こんなもんかなといった感じでしたが、豚肉は本当に美味しかったなぁ。

すっかり満足してお店を後にした後は、サイボク キッチンで食べ歩きです。

まずは、豚まんともつ煮のセット(¥750)をこちらも並んで購入です。
(20230211) サイボク キッチン(1)

味については特段の感動はありませんでしたが、豚まんの餡もたっぷり入っていましたし、もつ煮のモツの量も沢山入っていて、嬉しかったです。

続いて、スペアリブ(¥500)です。
(20230211) サイボク キッチン(2)

当然骨付きなので食べられる部分は少ないのですが、これは結構美味しかったです。
500円はちょっと高い気もしますが、次回訪問時もきっと食べてしまう気がします。

サイボクハム、「豚のテーマパーク」と名乗っている割には豚さん達と触れ合えるわけでもなく、ちょっと位置付けが中途半端な感じもしないわけではないですが、ちょっとしたアスレチックや温泉施設も併設しているので、子供連れなどには丁度良いのかもしれません。

次回訪問時は、数量限定のSGPロースとんかつ(¥2,380)を食べてみたいなぁ。
("SGP"って何?と思ったら、スーパーゴールデンポークのことの様です。)

レストラン サイボクとんかつ / 笠幡駅武蔵高萩駅新狭山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5
埼玉県日高市下大谷沢546

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

tag : BBQ豚肉

食べ歩きうどん・そば

凛や(イオンモールむさし村山店)(2023年2月4日)

ちょっと買い物がありイオンモールへ。

で小腹が空いたのでフードコートで何か食べることにしました。

暫く来ない間にフードコートのテナントも様変わりしています。
入口の目立つエリアに見知らぬお蕎麦屋さんが入っていたので、早速こちらで初注文してみることにしました。

盛りの良さで勝負しているお店の様です。
そば増量無料」との記載があり、同じ価格で、並(250g)、大(300g)、特(400g)、超(500g)が選べるシステムです。

初回訪問なので、まずはもり蕎麦です。
二種だれ板蕎麦(¥580)を勿論「超盛」でお願いします。

暫くして着膳。(フードコートなので、無線ブザーを持たされて、自分でカウンターまで取りに行きます。)

(20230204) 凛や

ビジュアルはいい感じです。

期待に胸膨らませて一口すすります。
茹で加減はいい感じで喉越しは良いですが、蕎麦の風味が全く感じられません。

醤油と胡麻の2種類のつゆが付いているのは飽きがこなくて助かります。

蕎麦自体の味としてはいまいちですが、まぁ、この値段で贅沢を言ったら罰があたるよなぁ。

凛や イオンモールむさし村山店そば(蕎麦) / 武蔵砂川駅西武立川駅上北台駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0
東京都武蔵村山市榎1-1-3 イオンモールむさし村山 2F

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : そば蕎麦

パソコン

Amazfit GTR4を買う(2023年2月4日)

世間でスマートウオッチがもてはやされた頃から、5,000円位の"安々"のものを何台か購入してきたのですが、やっぱり"安かろう悪かろう"の言葉は正しく、何れも半年から1年で壊れてしまいました。

で、とうとう観念して、予算:数万円までで良さそうなものを買うべく物色を始めました。

私はApple社の独善的且つ独占的な商売のやり方はどうにも好きになれず、当然スマホはAndroidであることもあり、Apple Watchは選択肢から外れます。
また、使い捨ての文化には馴染めず、修理して大切に長く使うことを良しとしています。

ということで、アフターサービスも安心な国内メーカのものが欲しいところです。

で、一番最初に『恰好いいなぁ。欲しいなぁ。』と思ったのは、カシオのPRO TREK Smart WSD-F30のブルー でした。

WSD-F30-BU
<↑この画像はAmazonさんのHPのものを使用しています。>

ただ、リリースされてから随分と時間が経っていること(つまり、使われている技術がひと昔前のものなのでは?と思われたこと)、実際に店頭でデモ機を触ってみた際に若干もっさりとした動作感の印象を受けたことから、『後継機、リリースされないかなぁ。』と暫く待っていました。
が、残念なことに程なく生産終了になってしまい、また後継機のリリースがされることもありませんでした。

その他にソニーのモデルも見たのですがいまいちピンとこなかったのと、セイコー、シチズンにいたってはそれっぽいモデルを見つけることすらできず、『老舗の時計メーカはスマートウォッチに一定の距離を置いて様子をみているのかな?」などと思っていました。

ガーミン(GARMIN)やスント(SUUNTO)には、『これ、なかなかいいなぁ。』と思うものもいくつかありましたが、如何せん、ちょっと予算オーバーです。

そんなこんなで当初の"国内メーカ"という要件はいつの間にかどこかに忘れ去られ、最終購入候補としては、「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」と、「Amazfit GTR4」に絞られました。

何れもC国のメーカであり、情報管理の点では一抹の不安は否めなくもなかったのですが、私の心拍やら睡眠リズムなどのヘルスケア情報なんて例え漏れてしまっても別にどうでもいいですし、ちょっとひっかかるのはGPSによる位置情報ですが、こちらについても私の様な末端の民間人の情報なんて単なるビッグデータの一構成要素でしかないと思ったので、この点については気にしないことにしました。

私は、ファーウェイ(HUAWEI)というメーカは知っていましたが、Amazfitなるメーカは知りませんでしたし、そもそも名称も『ん? Amazonに寄せているのかな?』などと怪しさ満点の印象でしたが、調べてみると、シャオミ(Xiaomi)にOEM供給しているメーカとのことで、また口コミ的には悪く無さそうだったので、一定水準のレベルにはある会社だと判断することにしました。

肝心のスマートウォッチの機能/性能については、両機種ともメーカ公表値レベルではほぼ同等の様です。
デザインもなんとなく似ています。

ただ、HUAWEI GT3 Proはボディの素材がチタンであり、この点は圧倒的な優位点です。
逆に、Amazfit GTR4のリューズ(クラウン)は、先端が妙に自己主張の強い赤いデザインになっていて、『いったい、どういうセンスしてるのさ。』とかなりマイナスの印象だったのですが、随分悩んだ挙句、結局は価格の安いAmazfit GTR4にしました。

で、そうと決まれば決心が変わらぬ内にネットショッピングサイトへGoです。
価格統制がなされているのか、どのサイトでも概ね同じ様な価格でしたが、Amazonさんでキャンペーンか何かの2,000円位の割引が適用できたので、そちらでポチりました。
尚、ベルトは黒いウレタンのものと、茶色の合皮のものがあったのですが、写真で見る感じでは後者の方が素敵に見えたので、こちらにしました。

で、サクッと翌々日に到着。
早速開封の儀式です。
Amazfit GTR4(1)

中箱は結構しっかりとした白いものです。
Amazfit GTR4(2)

なんとなく高級感すら感じます。
(箱にそんなにコストかけなくても良いようなきもしますが、近頃の流行りなのかな。)

こちらが内容物です。
本体、充電用ケーブル、クイックマニュアルです。
Amazfit GTR4(3)-2

裏側はこんな感じ。
Amazfit GTR4(4)-2

それなりに大ぶりな時計ですが、重さはそれほどでもありません。

これを書いている時点で、購入から1年使用していますので、軽くインプレッションを。

 (1)Zeppとかいうスマホアプリと連携させて使う(各種データの管理は勿論、ウォッチフェイスの変更や、時計本体のファームウェア更新もこのアプリ経由です)のですが、一部日本語表現がおかしい部分もある位で、概ね動作も安定しています。
 (2)GPSも結構正確で、自転車であてもなくポタリングする際に、どこを走ったのか走行経路を地図にマッピングすることもでき、経路がトレースできて重宝しています。
 (3)歩数計もそこそこ正確で、ハイキングに行く際の歩数計として使っています。
 (4)LINEの通知機能はちょっと動作が不安定(通知したりしなかったりする)ですが、これは私のスマホ側も問題なのかもしれません。
 (5)バッテリーの"もち"も充分実用的で、1回の充電で1週間は余裕でもちます。日々使うアイテムとしてこれはとても嬉しい性能です。

ということで、全体としてはかなり満足しています。
歴代の"安々"スマートウォッチとは雲泥の差です。

他メーカ製を含め他の数万円の機種と比べた訳ではないのでAmazfit GTR4がベストチョイスか否かは判断できませんが、少なくとも5,000円未満位の"安々"を何個も買い換えるはめになる位なら、最初から3万円位のものを買ってしまった方が良いということはハッキリ言えると思います。

そうそう、私が購入した茶色のベルト(ヴィンテージブラウンレザー)は写真で見るのとは大違いで、質感がとても低い(ちゃっちぃ)ものでした。
(黒いウレタンベルトの方(スーパースピードブラック)にしておけば良かったなぁ。。。)

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : スマートウォッチ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : スマートウォッチ

食べ歩きその他

アカシア(新宿本店)(2023年2月1日)

学生の頃に結構お気に入りのお店だったアカシアさん。
当時私は、ロールキャベツといえばコンソメスープのものしか知らなかったので、こちらのホワイトシチュー的なスープのロールキャベツはとても新鮮に感じられたことを思いだします。

今回、ちょうど新宿でランチ時間になったので、久しぶりにお邪魔することにしました。

お店の前まで行ってみて、まず、店頭に待ちの列ができていることにビックリです。
昔はいつでもサクッと入れた記憶があるんだけどなぁ。

そうはいっても、もう気持ちはアカシアさん一択になってしまっているので大人しく並びます。

暫くして入店。
昔ながらの昭和風な店内は健在です。
でも、少しテーブルのレイアウトは変わった様な気がします。
店頭に待ち行列ができているくらいですから当然店内は満席なのですが、なんというか客層が私の思っていたイメージとは全然異なっており、若い女性のグループやカップルばかりの明るい雰囲気であることに、またまた驚きます。

メニューを見て更にビックリ。
随分と値段が上がっているように感じます。
昔はもっとリーズナブルな価格設定だった(確か、ロールキャベツは400円台で提供されており、当時でも『随分安いなぁ』と思った)記憶があります。

何れにしてももはや選択肢はないので、ロールキャベツシチュー2貫とご飯(¥980)、それとサッポロラガービール(¥650)をお願いします。

暫くして着膳。
昔と同様しっかりとした接客も健在です。

(20230201) アカシア

うん、懐かしいビジュアルです。
昔は銀色(ステンレスかな)のお皿で、その点は少し興ざめだったような記憶がありますが、今は白い陶器のお皿です。
こちらの方が断然美味しそうです。

まずはスープを一口。
そうそう、この味です。
続いてロールキャベツを一口。
うん、美味しい。
あぁ、懐かしいなぁ。

少し値段が高い様に感じてしまいましたが、変わらぬ美味しさを何十年もキープしているのは、本当に素晴らしいなぁ。

アカシア 新宿本店洋食 / 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5
東京都新宿区新宿3-22-10

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2 Brog Rankingのアイコン

テーマ : 洋食
ジャンル : グルメ

tag : ロールキャベツ

プロフィール

そーめぐ

Author:そーめぐ
そーめぐのブログへようこそ!

ごあいさつ
ようこそいらっしゃいました。 食べ歩きや自転車、登山/ハイキングについて徒然なるままに書き散らかしています。
検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー(月別)
01 ≪ 2024/02 ≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新トラックバック
フリーエリア
<にほんブログ村に参加しています。> PVアクセスランキング にほんブログ村